気の抜けた狩猟日記

タイトルどおり、適当なタイミングで適当で気の抜けたような戯言だらけのブログです。
MHFメイン・・というかそれしかありません。
お気軽にコメントいただけると励みになります。

MHF全般

特と装いと

初めて入室できた喜びに心躍るも、今週若干の手持ち無沙汰感を
否めないへたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・
第4回を数える猟団迎撃戦も本日メンテまで。
今回はケオ登場にそれこそ右往左往した一週間でした。
そして本日やっと・・・
特別猟団部屋
初めて『特別猟団部屋』に入室することが叶いまして。
今回、一時的とはいえ他の猟団にお世話になってやっとこさの
念願達成でございます。
本当にありがたい!

特別猟団部屋の感動もそこそこに・・・
mhf_20170215_231905_641
はい、当初の目的どおり特別外装の入手でございます。
今回、あのケオループが効いたのか、5個もの『歌迎の調べ』を入手。
これにより、とりあえずは『イーリス』と『メラン』の外装権利を1つずつ交換。
意外だったのが・・・交換できる外装がまだ意外に少ないって点でしょうか。
うぅむ・・・・やっぱりこれは継続的な活動が必要となるコンテンツですね~

とりあえず外装も手に入れた、ということで・・・
昨日まで登場のケオさん素材を用いたガンス防具を少しばかり。
丁度来週より登場するであろう辿異種『アクラ・ヴァシム』。
今週はこれに向けての準備期間ということでちょっと防具のアップデートを
計っていきたいところ。

ケオ登場にあわせて実装された『猛進』というスキルもずっと気になっていて
ちょうどイベント待ちということで色々と頭を捻っております。
個人的には『焔獄GX頭』のポニテが気になるんですが・・・
ちょっとスキル値的に取り入れ断念したりと、ずっとシミュ画面をみながら
うんうんと思案に暮れております。
どうにか形にしたいところですが今日は残念ながら時間切れ。
この辺踏まえて週末あたりで何とか形に出来ればいいなぁ・・・

人気ブログランキングへクリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。

棍と蒼と

来週に登場する新情報に心躍るへたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・
来る2/1アップデート、こちらに向けてのPVサイトが
本日2回目の更新を迎えまして。

今回はアップデート後に登場する新しい辿異種の情報が掲載。
そのうちの1つが『ティガレックス』
辿異ティガ
まずはその見た目。
先週、公開前の画像を取り上げた際に・・・・『体色がまっくろ』と
記載しましたが、どうやら正しくは原種と同じ色合いのようで。
対するヴァシムはほぼ既存種と同じに見えたので誤解してしまいました。

見た目としては・・・特筆すべきは発達部位。
両鉤爪が大きく、険しく発達した模様。
しかも翼膜にあたる骨までも大きく膨らんでいるため、パッと見た
感じでは穿龍棍を構えるハンターを彷彿とさせます。
加えて『出血やられ』なる状態異常も追加。
・・・というかいまさらですが辿異種それぞれに『~やられ』状態が
付与されていくんですかね?
それはそれでどうなんだろ・・・・
両腕ってことは割と打点も低そうですし、部位破壊しやすいといいなぁ~
残念ながらこの辿異ティガさんの辿異ガンスはなしの模様。

そしてもう1種が辿異種『アクラ・ヴァシム』
辿異種ヴァシム
従来はクリスタルというか水晶のように若干の透明度を持っていた
結晶が、濃い蒼紫に発達した見た目のようで。
こちらは尻尾が発達部位の模様。
ヴァシム、といえば・・・特殊な尾の部位破壊。
既存種と同様の手順を踏まねばならないとなると・・・・
もしかするとこれは壊すのが非常に面倒かもしれないですね~

ヴァシムの方は辿異ガンスあり、ということで、★3(600)辿異時の
性能が公開。
ヴァシム・スフェル
名前を『ヴァシム・スフェル』というようで。
見た目上は非常に直線的なデザイン。近未来的といえばいいのかな?
こちらに限らずですが、ゲージ的にはあまり突飛な感じがしません。
始種武器にあるような『おばけゲージ』に慣れてしまっていると、
ちょっと物足りないかもしれないかな・・・

加えて防具ですが・・・
ヴァシムZ
新辿異スキル追加に伴って、ヴァシムZシリーズでは『ガード性能強化』が発動。
スキル面でも『雌伏』に『要塞』、『反射』とガードする武器向けなスキルが多そう。
ただまぁ・・・ガンスもそうですが少しばかり”サイバー”なデザインですね。
これは組み合わせが難しそう。
是非取り入れたいデザインではあるんですが・・・
センスの欠片もないので泣く泣く外装で潰す姿が目に浮かびますねw

その他リファイン情報もありましたが気になったのはこの辺でしょうか。
あとは上述2種の登場時期も不明。
その辺踏まえて・・・来週が今から楽しみですね~

人気ブログランキングへクリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。

癒しと廃れと

迎撃戦で廃れた心を癒すとばかりに新しい情報に
飛びつくへたれガンサーです。
こんにちわ。

えー・・・
昨年末だったかそのあたりで予告されていた2月初旬のアップデート。
こちらに対する情報が昨日よりPVサイトとして公開されまして。

まずアップデート日ですが、『2月1日(水)』との正式発表。
ほほう・・・・
初旬ってことだったので第2週目くらいかな、と勝手に推測してました。
ただそう考えると今週メンテで辿異レウス。
そこから2週間後、と結構期間が短いわけか。

注目点はやっぱり新モンスター。
以前の動画でも既に名前が発表されていた『焔嶽龍 ケオアルボル』
こちらの全容が今回公開。
ケオアルボル
突如出現した大型古龍。
以前の動画で登場したときにも見上げるようなアングルからの映像でした。
じゃあ実際どんくらいでかいんだ、というところが個人的に気になっていたのですが・・・
キャプチャ1
右端に写るハンターさん。
キャプチャ2
左でガードの構えを取るランスさん。
これから察するに・・・少なくともアカム、オディバクラスっぽいですね~
しかしこれ、迎撃拠点で考えると撮影されてるエリア以外には入れない大きさ。
決戦場や砂漠で立ち回る上述2種を考えると、ちょっとこれは窮屈か?w

更にこちらの登場条件も掲載されており、
 ●歌姫狩衛戦・真説において猟団迎撃戦(緊急迎撃戦クエスト)でのみ挑戦可能。
 ●一定確率でクエストが出現するほか、個人で一定数の迎撃ポイントを獲得することで挑戦できる。
 ●ケオアルボルが登場するクエストでは、高い迎撃ポイントが入手可能。

あー・・・・
猟団迎撃戦の一要素としての登場なんですね~
緊急クエスト扱いってのも気になるなぁ・・・
これ、いつもの『事前にぼっちで予習』がしにくい気がしますね。
上記の登場条件を見ると・・・ちょっとぼっち猟団には厳しい気がしてきました。

こちらさんの武具についての公開もありましたが・・・
残念ながらガンスの記載はなし。
うむう・・・

ついでに新スキルと新防具。
焔嶽
ふむ・・・デザインは神楽とかに通ずるものがありますね。
加えて新スキルとして『猛進』が登場。
こちら、『攻撃やガードに成功することで段階的に攻撃力が上昇』とのこと。
雌伏が『ガード』、纏雷と巧撃が『回避』。
ついに攻撃で更に攻撃力が上がる類が出てきたかぁ・・・
あ、でも纏雷は攻撃によってもゲージが溜まるか。

最後に詳細情報ではないのですが・・・・
キャプチャ
新辿異種として『ティガレックス』と『アクラ・ヴァシム』が次回のPV更新で
公開されるようで。
気になるのがこのティガさんの体色。
まっくろですね~ これもしかして他シリーズの亜種とかそういう絵に
近いのかな?

なんにしても次回更新がまた楽しみです。

人気ブログランキングへクリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。

新春と質と

ゆっくりと正月を満喫中のへたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・まずはご挨拶から。
皆様、明けましておめでとうございます!

G級コンテンツが拡充と新しい遷悠種。
そして年末にかけて一新されたMHF-Zと辿異種と
色々な変化に満ち溢れていた2016年も終わり、
新しい年のご挨拶を例年通り行えることに深く喜びを
申し上げます。

2017年は『酉年』。
酉、といえば「鳥竜種」とバリエーションが多いわけですが・・・
今年もイベント武器入手の迎春イベントが配信中とのこと。
なんと登場したばかりの辿異武器がイベント武器としても
登場ということで・・・
滅砲 撃ち初め
新年の祝いを兼ねてぼっちPTで狩り初めでございます。
武器もしっかり昨年ぎりぎりになった「フェザーマジック」。
一応、ランクとしては★1辿異に該当するみたいでちょこっと
新年早々に苦戦しましたが・・・
討伐
何とか討伐まで持っていくことが出来ました。
お年玉【酉】
件の素材も、例年通りの「お年玉」。
ただ・・・惜しむらくは今回のイベント辿異武器、ガンスじゃないんですよね~
ガンスが来るのは何年先ですかね・・・

はい、そんな具合で狩り初めを終えて。
恒例の『新年の抱負』ですが・・・・
実は何も思いつきませんでしたw
このために今日起きてから色々考えたんですが中々難しいな、と。

そういうわけで今年は何もひねりもなくこんな具合としました。
 「質の高い狩りを目指す」
はい、えらく漠然とした目標ですね。

というのも・・・中の人も今年でいいおっさんと呼べる年齢になってきまして。
もしかするとちょっとずつ狩り時間の確保が難しくなりそう。
現に昨年末は師走ということもあって一気に帰宅が遅くなったりとちょっと
時間が取れない状況が増えてきました。

そんな中掲げていた毎日更新、ということで・・・・
正直少しばかり「更新」を目的にした狩りになっていたのかな、と。
その辺を改めてどっちが先なのか?を見直していきたいと考えております。
更新頻度を下げるかどうかは時と場合によりそうですが・・・
愚直に回数にこだわっても仕方ないんじゃないかと。

まぁ、まだ漠然とした感じですがそのあたりを納得行くように今年一年かけて
やっていきたいな、と思います。
もちろん前提には「ガンスでぼかんぼかんと楽しく狩り」があった上での
お話ですけどね。

ともあれ。
今年も幸多い狩りが迎えられますよう心からお祈りするとともに
あいさつへと代えさせて頂きます。

改めまして 今年もよろしくお願いします!

人気ブログランキングへクリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。

締めと総括と

残り数時間となった2016年を思いながら
若干あわて気味に総括にかかるへたれガンサーです。
こんばんわ。


えー・・・
例年に違わず色々あった2016年の大晦日。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私事ですが、今年はなんだか忙しかったりそうでも
なかったりと山谷の激しかったような一年。
あわや休日出勤?なんてのもあったり現に長期連休に
出勤したり。

かとおもえばあれだけ忙しいといわれていた割に
定時退社の毎日だったりとなんとも緩急激しい一年でした。

モンハンに関して言えば、昨年アップデートの名残で
マイミッションを消化するところから一年が始まり、
新たなる始種「トア・テスカトラ」の登場。
そして既存古龍種のG級進出。

下半期でいえばやっぱりはずせないのがMHF-Z解禁と
辿異種登場、新しいスタイル「極ノ型」。
歌姫狩衛戦なる新しいコンテンツと祈歌武器の登場がこれの
少し前のお話でしたっけね。

ガンスで言えば上述G級古龍によりナズチ、テオ、キリンの
3種G級ガンス追加。
これがすべて「剛種ガンス」デザインの復刻版ということで
非常にうれしかったのも記憶に新しく。


うれしかった、といえば三十二式機械槍がついにG級化されたり
ルコガンスもG級に進出。
後発組とはいえ、祈歌ガンスも登場し一度は引退したニンファガンス
装備を復刻できたのも個人的には忘れがたい出来事でした。


反して…
3月頃に色々問題が発生、MHF-Z解禁直後でも想定外の
アクセス制限と問題も多い年でした。


ただこれによって、という点として1~2年越しでやっと完成した珠秘伝。
これによりそれまで使っていた装備から一身する形となりました。

装備といえば、今年は例年にない頻度で更新が行われまして。
特に上半期の「チールG」、そして下半期の「鬼凛G」、11月からの辿異種。

細かい点を言い出すと失敗例や閃転装備などなど。
珠秘伝作成に伴ってそれまで使っていたニンファ装備を
一度手放す形にもなりました。
そういう意味では…イベント装備が強すぎてそれ以外の
選択肢が一気に減ってしまったのがちょっと残念。

この辺の光になりそうなのが「外装変更」ですが・・・
これはこれで「猟団迎撃戦」というネックもあって中々難しく。

そんな感じで新しいコンテンツがガシガシ登場した中で
ガンスに装備に、と一喜一憂の激しい一年だった気がします。


一年の締めくくり、ということで年初に立てた目標ですが
結果としてこんな具合になりました。
==============================
 ①G級進化ガンス『G級絢爛』のLv100達成
  ⇒未達成(現在G級絢爛 Lv80)
 ②マイミッション全項目達成
  ⇒達成  

 ③珠秘伝の実現
  ⇒達成
==============================

はい、3目標中2個達成。
ただまぁ・・・②に関しては早々に達成の目処も付いていたんですけどね。

①は未達成、あれだけ騒いでおきながら、3月くらいにはすっかり
足が遠のいてしまいました。
これについてはG級進化の性能面で思うところもあってモチベーションの
維持が困難になってしまい。
丁度防具作成でワタワタしだした結果、そのまま放置となってしまいました。


またこれとは別に今年7月頭に掲載した「更新回数」に対する裏抱負
若干後付感があるこちらですが・・・
本更新をもって、本年1年間毎日更新達成となりました。

これをやったことの成果、としていいか微妙ですが・・・
毎日更新するようになって1日あたりの来場者数も増加傾向と、
一応こちらの成果も多少はありました。
後は来場者が増えたことによってでしょうね。
色々なコメントという形で情報を頂いたり激励を頂いたり。
あと正直誤解を恐れず言うなら「ありがたくない」コメントも頂きました。
その辺はまぁ、良し悪しはともかくこれもひとつの成果かと


ただ「更新回数を増やす」という点に関しては・・・
ふと周りを見渡してみると、同じようにMHFのブログを書かれている方の
記事を見ながら、面白い文章であったり興味を引く書き方をしていたり。
そういうのを目の当たりにしてみると、やっぱり数に頼るのは安直な方法だったかな、と。
そんな面もいろいろと見えてきた一年でした。


そういう色々な課題も見えた一年でしたが・・・
総括すると、まぁまぁ満足した一年であったのではないかと、
そう思う次第でございます。


ちょっと長々と書いてしまいましたが・・・・
改めまして。
今年も1年、お疲れ様でした!
来年も実り大きい一年を願ってより良い、良い年でありますように!
皆様、良いお年を!

about
ギャラリー
  • 尽と構と
  • 尽と構と
  • 尽と構と
  • 盤と傷と
  • 盤と傷と
  • 盤と傷と
  • 盤と傷と
  • 盤と傷と
  • 常と丘と
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ