気の抜けた狩猟日記

タイトルどおり、適当なタイミングで適当で気の抜けたような戯言だらけのブログです。
MHFメイン・・というかそれしかありません。
お気軽にコメントいただけると励みになります。

辿異種

牙と頭と

早々に迎えた壁を何とか突破しつつあるへたれガンサーです。
こんにちわ。

えー・・・
昨日より登場した辿異種『ティガレックス』
ガンスはないものの、防具生産のために素材集めの真っ最中でございます。
頭狙い
発達部位破壊は前回成し遂げたものの、部位破壊素材要求ということで
ただいま中心的に頭狙いでございます。

部位破壊を狙うと轟砲、滅砲回数が減ってしまうというあまりよろしくない
癖もちらほら見えつつも・・・
辿異ティガ
ダメージソースはこいつだ!と言わんばかりに轟砲、滅砲ぶちこんで。
頭は会
1戦目は頭破壊に加え、尻尾切断も成し遂げたものの・・・
残念ながら発達部位破壊は失敗。

続く2戦目は頭と両爪破壊は出来たものの、尻尾は切れず。
mhf_20170322_224510_150
うーん・・・
ぼっちPTだと中々すべてというのは厳しいのかなぁ・・・

そんな中、素材面では・・・
轟竜の飢牙
『轟竜の飢牙』なる素材も入手。
ふむ・・・この辺はどんなレア度なんでしょうね~

色々疑問はありますが・・・今回はここまで!

人気ブログランキングへクリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。

轟と砕と

新しい辿異種登場に心躍るものの、早くも部位破壊の壁を
感じ始めたへたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・
本日メンテより登場の『辿異種ティガレックス』
極爪の轟竜 解禁
今回もまずはなれるべく、200辿異ティガにぼっちPTで様子見でございます。
200辿異ティガ
正面からのエンカウントとなりましたが・・・
やはり目につくのは両爪から翼にかけて大きく発達した腕。
あとは頭、そして耳辺りが大きく見た目が異なります。

轟竜、といえば・・・やはり気になる突進ですが当然ながら
こちらでも健在。
ただ旋回能力が従来よりも高いらしく、Uターン速度が非常に速く。
通り過ぎた、と油断するとすぐに追撃を食らってしまいます。

単に突進からの旋回もそうですが・・・
200辿異ティガ2
それ以外にも、突き上げからのタックルや、その場での旋回で
衝撃波を飛ばす、などなど。
従来のティガにはないモーションがたくさん。
とりあえず200辿異で脅威な攻撃としては
 『飛び掛り⇒捕まえた状態から連続捕食』
といったところでしょうか。
こちら、先の辿異ヴァシムと同じように拘束状態からの連続攻撃と
中々の脅威でございます。

また脅威、という意味では・・・PVサイトでも公開されていた『出血やられ』
出血やられ
こんな具合で出血状態が続いて継続的にダメージを受け続けるという
ちょっと恐ろしい状態でございます。
こちら、特定の攻撃によるものか否かはちょっとまだわからない感じですね・・

そんな具合の辿異ティガさんですが・・・
やはり発達部位は両腕の模様。
両腕壊してやっと部位破壊となるようで。
200辿異ティガ_発達部位狙って
初戦はとりあえず発達部位破壊から、と極力轟砲、滅砲を狙ってみたものの
まだモーションを覚え切れていないのか結構な数を外してしまいました。

それでもなんとか狙い続けて・・・
討伐
轟砲 or 滅砲13発、時間にして約10分で初戦討伐。
うーん・・・中々時間が掛かった方かな?
両爪も破壊
とりあえず発達部位破壊は何とか成し遂げたものの、
他部位は破壊に至らず。
うーん・・・この辺は毎回の課題ですね~

ともあれ。
無事に部位破壊成功、ということで・・・
轟竜の極爪
『轟竜の極爪』と・・・
轟竜の狂鳴袋
毎回大変な『袋』枠と思われる『轟竜の狂鳴袋』を頂きました。

とりあえず素材は手に入れたものの・・・
今回は既にガンスなし、ということがPVサイトで判明済み。
そんなわけで防具生産を確認してみると・・・
レックスZ
上述の発達部位素材に加えて『轟竜の砕顎』なる部位破壊っぽい素材要求。
うーん・・・
今回も部位破壊に泣かされそうな雰囲気ですね~

今回もレイレス生産素材入手イベントが本日より開始の模様。
どっちにしても一式は作らないとならないのですが・・・
上述『出血やられ』も含めて色々考えないとならなさそうですね~

人気ブログランキングへクリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。

恐れと功と

伝説級のすばらしさに恐れおののくへたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・・
辿異ヴァシムの防具『ヴァシムZ』を一式そろえ、とりあえず
イベント消化したのが前回までのお話。
とりあえずイベントは消化したものの・・・
mhf_20170311_215331_991
相変わらず辿異ヴァシムに勤しんでおります。

というのも・・・
あれから『次は装備作成かな~』と、『適応撃』のつけられる装備を
色々とシミュしてみたところ、まだ不確定ながら『ヴァシムZ』を
1部位は使うのが確定となりそう。
そうなると強化素材が必要なのですが
ヴァシム強化
またも『劇麻痺袋』が要求されてしまい。

仕方ないので再度の連戦ですが・・・
そういえば今週より『狩人応援コース』の6時間権利が
配布されていることを思い出しまして。
6時間、と聞けば割と長い時間ですが・・・
悲しいかな平日は1時間ログインできればいいというのが
最近のお話。
週末に使っておかないと使わずに終わりそうということもあり
早速1回使ってみました。

レジェンドラスタ同行、更に狩人応援コースということで攻撃力アップ。
これならぼっちPTでも淡々とこなせるかなー、ということで上述の
200辿異ヴァシムでございます。

200辿異で劇麻痺袋集め、とはいえ、せっかくなので尻尾も切ってみようと。
そう思いトライしてみたのですが・・・
しっぱい
初戦はひっくり返った直後に討伐で失敗。
これを踏まえて少し轟砲、滅砲を控えてみたものの・・・
しっぱい2
2戦目も同じパターン。
どうやらレジェンドと狩りコース、想定以上にに攻撃力が高いみたい。

3度目の正直、ということで・・・
不動のスタイル
1回目、2回目のひっくり返り中にもかかわらず不動の待機。
これが功をそうしたのか・・・
成功
3戦目は無事に尻尾切断 成功となりました。
なるほど、いまさらながらこれは中々の効果ですね~

これならもしかしたら、ということで・・・
mhf_20170311_235608_243
いまだぼっちPTでの尻尾切断が成し遂げられていない
600辿異にも出かけてみましたが・・・
600は失敗
こちらは残念ながら失敗。
ふむ・・・
まぁ、どちらにしても適応撃装備が出来てから、ですかね~

人気ブログランキングへクリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。

袋と可と

イベント消化のため、相変わらず袋集めに勤しむ
へたれガンサーです。
こんにちわ。

えー・・・
辿異ヴァシムガンスが無事完成したのが先日のお話。
目下の目的はとりあえず達成ということで新・四方の理などで
ぼちぼちと素材補充に勤しんでおりましたが・・・
ふと見てみるとヴァシム装備作成イベントが次のメンテまで。

このヴァシムZシリーズ、1部位あたりに『劇麻痺袋』1つ必要。
上述ガンス強化でこちらの在庫をしこたまつかいきったということで
辿異ヴァシムで袋集め
終わったと思っていた辿異ヴァシムにて再度の袋集めでございます。
入手率を問わなければ★1~4のどれでも件の素材は入手可能ということで
見つけた野良募集に参加しては連戦を繰り返し。
劇麻痺袋
途中、なぜか『尾晶蠍の大水晶』の方が良く出たりと理解に苦しむ事態にも
見舞われましたが、件の素材も何とか入手。

これにより・・・
ヴァシムZ

ヴァシム一式
5部位分揃えることができて、やっとのヴァシムZフル装備でございます。
上述では終わった、とは言いましたが・・・考えてみると対ヴァシム装備を
考えると適応撃の都合で、ヴァシムZシリーズにもお世話になるかも知れず。

とりあえずはヴァシム一式完成、ということで・・・
mhf_20170311_140134_112
無事イベントも消化となりました。
こちら、いつもの『金夜天の書』などに加えて、『Lラスタ同行券』が
今回より追加。
この同行券、まだ使ったことがないんですよね~
とりあえず使いたいシーンがいつ発生するかわからないので
いただけるものはしっかりと頂いておくことに。

あとは武器生産イベントもあるのですが、ガンス以外は未消化。
ただせっかく登場したヴァシムZシリーズということで、ぼっちPT向けの
対ヴァシム装備も考えたいところ。
折りしも『HL/EX』『狩人応援コース』無料開放というのもありますしね~

人気ブログランキングへクリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。

細と口と

やっと完成したという喜びに浸るへたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・
前回記事で辿異ヴァシムガンスの最終強化素材が揃いまして。
mhf_20170306_233852_616
今回はまずこちらの強化からのスタートでございます。
やっと完成した、辿異ヴァシムガンス『ヴァシムーンバオユ』。
辿異種においては『ヒプ』『エスピナス』『リオレウス』に続く4本目の
辿異ガンスでございます。
一応これ以外にも・・・祭り辿異武器なるものもあるんですが、
まぁ、そちらは運が向き次第追々ということで。

話をヴァシムーンに戻しまして・・・
正面
担いでみた感じはこんな具合。
PVで取り上げられていたときから感じていたのは・・・
ただよう近未来『サイバー』感でしょうか?
こちらとても”硬質”なデザイン。
イメージとしては『鉄』よりも『セラミック』とかそっち系の無機質な
硬さすら感じます。
掲げてみると良くわかるのですが・・・銃身が非常にスマート。
「細身」の銃身自体は色々あれど、ここまで細い棒状はあまり
見ない感じですね。

背面+ガード
背面とガード状態。
ガードすると銃身の長さが際立ちますね~
しかも竜撃後もしっかりと放熱板が開く仕様で、非常に自分好みでございます。

ただ気になるのが・・・こちら、これだけ細身なのに『拡散型』。
上に向けて砲撃すると
mhf_20170306_234308_713
こんな具合で、小経口すら思わせる銃口からは想像できない状態に。
ただこれも・・・個人的には拡散大好きなので非常によろしい。

色々振り回してみましたが・・・やっぱり実戦での使い勝手ということで
mhf_20170306_235447_667
400辿異ヴァシムにて試運転。
実戦で振り回してみるとやっぱり実感する細身。
これは・・・非常に使っていて楽しいガンスになりそう。

こんな具合で完成したヴァシムガンスですが・・・
イベント消化用に防具一式の作成も必要ということでもうしばらく
ヴァシムに通いつめる必要があるようで。
ついでに後回しにしていたぼっちPTでの尻尾切断に挑める装備も
作りたいところですが・・・・
眠いので今日はここまで!

人気ブログランキングへクリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。
about
ギャラリー
  • 尽と構と
  • 尽と構と
  • 尽と構と
  • 盤と傷と
  • 盤と傷と
  • 盤と傷と
  • 盤と傷と
  • 盤と傷と
  • 常と丘と
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ