気がつけばまたも半年経過している事実に良くも悪くも
驚愕するへたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・
3連休の中日、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は久しぶりの祝日ということですっかり気の抜けた
一日を過ごしておりました。
気を抜きすぎて・・・日が落ちてからのログインとなりまして。

前回更新でとりあえず『鬼穿』5部位分の『鬼涙鉄』も
集め終わったので・・・なんかまったりとしたネタに出来ればと。

そんなわけで約半年振りのガンランス紹介でございます。

『独断と偏見(と、趣味趣向)のガンランス紹介』

第13回目を数える今回、ご紹介するのはこちら。
『銀火竜銃槍【回天】』
正面

ガード

背面

えー・・・
今回は少しばかり懐かしい・・かな?と思われる1本を選択しました。
その理由は多々ございますが、まず特徴的なそのデザイン。
『火竜銃槍』という名を示すが如く、銃口に添えられたリオレウスの頭。
そして火竜の甲殻を思わせる小ぶりの盾、と非常に特徴的な一本でございます。
まぁ、『なまくびガンス』という通称がつくくらいのものでございます。

こちら、初出は随分前のイベントで登場した『火竜銃槍』。
2008年に行われた『着うたダウンロード特典』として配布されました。
残念ながらこのとき入手し損ねたわけですが・・・
中々の高性能なガンスだったということもあり、非常に悔やまれました。
・・・「着うた」といういまや死語に近いですね、本当に。

それからしばらく立った後、『双火竜』というイベントクエストで配信されたのが
上述『銀火竜』と・・・
蒼
こちら、『蒼火竜』でございます。

イベント配信により、色違いとはいえ入手可能となった『火竜銃槍』。
ただ・・・入手はとても険しい道のり、というのが今回取り上げた理由でございます。
まぁ、平たく言うと・・・銀火竜の生産素材が非常に入手困難だったわけですね~
同じ蒼火竜の素材と比べてもこんな具合
 銀火竜の真骨頂 2%
 蒼火竜の真骨頂 20%
もうこんな具合に明らかに数字が違うわけですね。
これを、生産で10個要求されるわけですから生産までの道のりは推して知るべしでございます。
今回の【回天】はこのうち『HC武器』化したものでございます。

更に。
後の強化で『HC武器』『親方印』の2通りが追加されまして。
両パターン作るためには生産素材2倍、という・・・
この『作るのが非常に困難』というのがですね。
『通好みのガンスを作りたい』という心をたくみにくすぐるわけでして。
己のリアルラックを信じて結構な時間を費やしましたw

そんな火竜銃槍ですが・・・
いまやすっかり『珍しいもの』ではなくなってしまいました。
まずHC武器として登場した『リオ=バーストフレア』。
そしてG級武器としても・・・
リオ
入手不可能な『火竜銃槍』と同じデザインの『リオ=デネトール』に加え、
上述『銀火竜』『蒼火竜』もG級ガンスとして登場しております。

そんな具合で、すっかり珍しくとも何ともなくなった『なまくびガンス』。
性能面もHC武器としては中々のもの。
--------------------------------------------
 攻撃:529 会心0%
 龍属性 630 放射型Lv5
--------------------------------------------
HC武器の特性『切れ味1Up』で白ゲージになる切れ味。
そして放射型のLv5と使い勝手のいい作り。
加えて630と同ランクと比べても割と高い属性値。
HC武器の『覇銃槍ヌイカムトルム』が520という数字を見ればいかに高いかが
伺えると思います。
ただ作っただけの労力に見合うかどうかは・・ちょっと難しいところ。
特に最近ですとあまりHC武器を使うシーンが想像できませんしね・・・
そう考えると結構『趣味枠』な一本かもしれませんね。

ただもちろんHC武器としての運用なら一級品に間違いはなく。
生産の大変さはともあれ既存強化からのHC化ということで性能も折り紙つき。
若干大きな寄り道になりそうな気配もございますが・・・・
いままさにSRの道をたどっている方のお供として一本手にしてみてはいかがでしょうか。

人気ブログランキングへクリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。