やっと完成したという喜びに浸るへたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・
前回記事で辿異ヴァシムガンスの最終強化素材が揃いまして。
mhf_20170306_233852_616
今回はまずこちらの強化からのスタートでございます。
やっと完成した、辿異ヴァシムガンス『ヴァシムーンバオユ』。
辿異種においては『ヒプ』『エスピナス』『リオレウス』に続く4本目の
辿異ガンスでございます。
一応これ以外にも・・・祭り辿異武器なるものもあるんですが、
まぁ、そちらは運が向き次第追々ということで。

話をヴァシムーンに戻しまして・・・
正面
担いでみた感じはこんな具合。
PVで取り上げられていたときから感じていたのは・・・
ただよう近未来『サイバー』感でしょうか?
こちらとても”硬質”なデザイン。
イメージとしては『鉄』よりも『セラミック』とかそっち系の無機質な
硬さすら感じます。
掲げてみると良くわかるのですが・・・銃身が非常にスマート。
「細身」の銃身自体は色々あれど、ここまで細い棒状はあまり
見ない感じですね。

背面+ガード
背面とガード状態。
ガードすると銃身の長さが際立ちますね~
しかも竜撃後もしっかりと放熱板が開く仕様で、非常に自分好みでございます。

ただ気になるのが・・・こちら、これだけ細身なのに『拡散型』。
上に向けて砲撃すると
mhf_20170306_234308_713
こんな具合で、小経口すら思わせる銃口からは想像できない状態に。
ただこれも・・・個人的には拡散大好きなので非常によろしい。

色々振り回してみましたが・・・やっぱり実戦での使い勝手ということで
mhf_20170306_235447_667
400辿異ヴァシムにて試運転。
実戦で振り回してみるとやっぱり実感する細身。
これは・・・非常に使っていて楽しいガンスになりそう。

こんな具合で完成したヴァシムガンスですが・・・
イベント消化用に防具一式の作成も必要ということでもうしばらく
ヴァシムに通いつめる必要があるようで。
ついでに後回しにしていたぼっちPTでの尻尾切断に挑める装備も
作りたいところですが・・・・
眠いので今日はここまで!

人気ブログランキングへクリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。