突発の思いつきで回数記念を消化しようとする
へたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・
いろんな意味での救済策として始めたある施策。
こちらが・・・気がつけばもうすぐ10回目を迎えることとなりまして。
正直そろそろネタ切れかなー、次は記念だし何がいいかなーと
思案に暮れていた所・・・
そういえば近々強化が見込まれてて話題性十分なあれがあったな、と。
逆に取り上げるとしたら話題の強化が来る今がまさに頃合じゃあ
なかろうかと思い立ちまして。

そんなわけで第10回目を数えます『独断と偏見(と趣味趣向)のガンランス紹介』
今回ご紹介するのは・・・・近々G級への昇格が期待されるこちらの一本。
絢爛正面
絢爛
大蛇ノ銃槍【絢爛】
--------------------------------------------------
攻撃 667 改心0%
龍属性:430 拡散型 砲撃Lv6
--------------------------------------------------
えー・・・言わずと知れた、進化ガンスでございます。
登場としては『ラヴィエンテ凶暴期』登場にあわせての実装ということで
進化武器としては後発組。

進化武器がどんなものか、というのはここでは簡単に触れますと、
ラヴィエンテ討伐で手に入るある素材から抽出する『撃』を用いて
強化レベルを上げていくという、従来武器とは違う強化形態をとる
武器となります。
強化がLv100まで続き、更にLv100⇒派生とすることで更なる強化が可能。
ただし・・・・強化に必要な撃数がハンパなく多いため、ラヴィエンテ討伐に
通いつめる必要があり、必然的に強化にも時間が掛かるという、そういう代物。

派生先も『絢爛』『燦然』『煌然』と3種あり、ガンスの場合ですと砲撃型と
デザインも異なりまして
 派生前(通常型)
   ⇒ 燦然(通常型) ・・・ 『突き』を想像させる槍、筒上の銃身
  ⇒  煌然(放射型)・・・ 銃身展開に特徴的なギミックあり
  ⇒ 絢爛(拡散型) ・・・ 派生前を踏襲、更に凶暴期を思わせる白系色
とタイプわけがされております。
この進化ガンス。
もう1つ大きな特徴として・・・強化を進めていくことで最大で砲撃Lv6となる
当時としては数少ないガンスの1つでございました。
数少ない、とした理由としては
 ・ナナ剛種の剛ネコガンス 大当たり
 ・進化ガンス派生前のLv86、派生後のLv76以上
の2種類があったから。
当時はまだ天嵐ガンスとかそういうのもなかったので登場当時は
ガンス界隈で大きな話題となりました。

先にも書いたとおり、強化には多大な撃が必要。
どれだけ必要かは・・・推して知るべしw
そうですね、少なくとも・・・僕の中でG級⇒派生G級が出てきた昨今でも
強化に掛かった時間でいまだ絢爛を超えるものは出てきていません。
ただ、今はともあれ・・・当時はその努力と労力に見合うだけの性能が
保証されていた一本。
こつこつと撃を集めながら・・・徐々に光りだす『大討伐の紋章』を
にやにや見つめながら強化していくのは非常に楽しかったです。

3本あるタイプで色々と使う人の好みが分かれるところですが・・・
個人的な所管としては『煌然』が一番見かける率が高いかなと思っています。
上記にも書いたギミックと、あとやっぱりバランスの取れた砲撃タイプが
人気の一旦かなと。

ただ・・・・それでも僕は絢爛にしました。
正直、派生時にどれにするか迷いに迷ったのですが・・・
待ちに待った砲撃Lv6の登場、やっぱりそこは・・・一番高威力の拡散型で
体験したい!という一点で絢爛を選択しました。

ちなみにいうと、上記絢爛もまだLv90でストップしている状態。
一時は『3本とも作る!』と息巻いていましたが・・・
G級登場の今となっては中々第一線で使うには難しい性能となってしまいました。
注目だった砲撃Lv6も、G級登場の半年前に登場した天嵐武器追加。
更にはG級ガンスでも登場し、手軽に手に入るものとなりました。

ただ、そんな進化武器に・・・1つの光が。
皆様ご存知のとおり、来る11月のG9アップデートでG級ラヴィエンテが
登場するということで。
MHF-G G9ティザーサイト
これによりG級進化ガンスがどういうものになるか。
以前と同じように、頭1つ2つ飛び出た性能になるのか、そうでもないのか。
もしかしたら砲撃Lvにも更に上が?!
・・・・と、勝手に想像してやきもきする日々をすごしております。

兎にも角にも、進化ガンス。
僕の手持ちは絢爛だけですが、燦然も煌然も中々面白い一本には変わりなく。
来るG級ラヴィエンテに向け、興味がある方はその手にしてみてはいかがでしょうか。

人気ブログランキングへ
クリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。