気の抜けた狩猟日記

タイトルどおり、適当なタイミングで適当で気の抜けたような戯言だらけのブログです。
MHFメイン・・というかそれしかありません。
お気軽にコメントいただけると励みになります。

色集めと反省と

昨日の更新を読み返して見て、つくづく文章を書くのが
へたくそだなと実感したへたれガンサーです。
こんばんわ。
『ユーザの良心、良識を期待した仕様(設計)はいかがなものか?』
ということを言いたかっただけなのにあっち行ったりこっち行ったりで
結果何が言いたいかさっぱりわからなくなってしまいました。
やっぱり勢いに任せて書く文章はだめですね。

さて今日から3日間、誰パロがきていると言う事で、
また色集めをやってみる事にしました。
前回は2段階目の途中で終了と言う形になってしまったので、
今回は3段階目か出来れば4段階目までを目標にしようかと思います。

最初はソロでまた頑張っていたのですが・・・・流石に寂しくなってきました。
パローネコースの恩恵を大いに使って、虹に変えて頑張って見たのですが
1時間も持ちませんでした。
なんというか・・・作業になっちゃうと飽きるの早いんですよね・・・
特に前回と違い、3日と言う目に見える直近の期限もありますしね。

とりあえず野良でPTを募って見てどこまでいけるかな・・・

良心と責任と

あるコンテンツが実装されてからずっと疑問に思っている事があります。
いえ、正確にはそのコンテンツのある『仕様』を知ってからというのが正しいでしょう。
その仕様とは『狩人祭』の魂ポイントの配分に関する仕様です。
既に各所で触れられておりいまさら触れる必要もないくらい『枯れた』話題ですが、
なんとなくだらだら考えていたら結構文章になりそうだったので触れてみようかと思います。


今回は非常に個人的な主張、感想が含まれます。
また、運営を強く批判するない用も含まれますので、
そういうのがNGな方は申し訳ありませんが閲覧を
ご遠慮ください。













話としては今更なのは重々承知な上でいきます。
まずこの分配システムについて簡単に説明すると、既にご存知の方も多いかと思いますが、
入魂したポイントは褒美祭で『祭りポイント』として参加者に還元されます。
その還元され方がざっくり言うと『猟団の総入魂数÷参加人数』で算出されます。
面倒なので細かい点は省かせていただきますがざっくりこんな感じ。
だから下記のような例も起こりえます。
-------------------------------
団員A:100
団員B:1900
猟団総入魂数:2000
参加人数:2名

団員A 獲得祭りポイント:1000
団員B 獲得祭りポイント:1000
-------------------------------

そもそもこの仕様はMHFの一番最悪な仕様だと僕は思っています。
その理由としては『ユーザの良心を期待した仕様』だからです。
本当、考えれば考えるほどそう思えます。
ユーザの良心を期待する、つまりユーザにある一定の行動を『強制』する
ものだと思います。
少し言いすぎかもしれませんが、それほどひどいものだと思っています。

まず上の仕様で強制する『良心』のひとつに『他人への負担』です。
上の例を見てわかるように、団員Aは自分の取り分が減ります。
これをいい方に解釈すると団員AはBのために稼いだ、と見て取れます。
これを運営風に言うならば『猟団員の絆』なのでしょうか?
考え方としては良いと思います。
例えば、まだHRの低い新規猟団員のために余裕がある団員が負担する。
仕事などの理由で入魂できない人のために頑張る。
でも、それって仕様で強制されることでしょうか?

少なくともこういう『心遣い』って

人の良心により発生するもので

仕様なりで強制されるものではないと思います。

『心遣い』はその人の『思いやり』であって、

強制で誰しもやらないといけない物ではないからです。


またこの仕様が誤解しやすいのも問題だと思います。
誤解、というとちょっと違うかもしれませんが・・・
何が言いたいかと言うと初めてこの狩人祭の入魂の事を知ったとき、

何割の人が『分配制』であることを予想できるか

と言うことです。

これについては個人的な例を2つ挙げさせてもらいます。

1つは僕自身の事。
正直言えば狩人祭の祭りポイントでの還元仕様が実装されたとき、
僕は『自分で入れた分が自分の取り分になる』と誤解しました。

マニュアルを読まなかったという失点もあるのですが、

そもそも疑問にも思わなかったんでマニュアルを見るという発想すら

ありませんでした

さらに言えば、元々マニュアルの類をあまり読まない性格だったのも理由にあります。

もう1つの例は僕のリアルな友人の例。
彼は諸事情で自宅にネット回線がなく、ネカフェでのみのプレイでした。
当然、毎日INすることは無理でIN率もプレイ時間もとても低めでした。
その彼が入魂期間中に少しだけ入魂してくれました。
誤解のないように先に言うと彼は寄生ではなく単に祭り仕様を理解して
いませんでした。

この一件自体は猟団内で円満に解決しましたが、ここでの問題は彼がどう考えて入魂したか
彼いわく『せっかく魂を手に入れたから、団総数に少しでも貢献できれば』
思って入魂したそうです。
ついでに付け加えれば
『どの道、この入魂値なら(環境的に)褒美を受け取れなくてもあまり惜しくない』
との理由でした。

ある大手の匿名掲示板では猟団関係の愚痴専用のスレッドがあります。
特に入魂期間に入ると必ず話題に上がるネタとして『魂寄生』があります。


分配仕様を利用して、入魂期間終了直前に少しだけ入魂して大した苦労せずに

大きな取り分を手に入れるというあまり褒められた行為ではありません。


勿論、それは意図的に(大した大きさではないかもしれませんが)明らかな

悪意を持った行為です。

ですが、上に挙げた友人のように
悪意無しでもこれが達成されてしまうのです。

これは全て『マニュアル読め』の一言で片付いてしまいます。
当然の事だと思います。
でも、総じてマニュアルって、疑問があって初めて読みませんか?
読まないことを正当化するのが意図ではありませんが、そもそも
マニュアルを読まないと理解できない仕様自体はどうなのでしょうか?


これは完全に僕個人のいち意見になってしまいますが、入魂値が還元されると聞くと、

『分配制』よりも『個人の出来高制』を想像しませんか?

ついでに言うと僕はいまだに『なんでこんな面倒な仕様』にしたのか

疑問でなりません。

先ほどの『良心』の話で言うなら『マニュアルを開いて仕様を正しく理解する』
言ったところでしょう。
またこれには別のもうひとつの『良心』も存在します。
対象となるのは仕様を理解した団員です。
それは『説明』という良心です。
新規団員が例えば本当に新規で始めたプレイヤーの場合、人によってはこの仕様を
説明する場合があると思います。
なぜなら、説明しない=知らないことで発生する祭りポイントの不公平さを回避するために。
ある種の『寄生行為』の予防策でもあるこれは『知らなかった』事による不公平さを
回避する一種の手段です。
一見すれば新規人員を教育する、まさに『猟団員の絆』の理想といえますね。
ですが・・・これも本当はユーザがやる事ではないのではと思います。

更に今出てきた予防策という観点で有効なもう1つの手段として『ノルマ制定』があります。
何のことない、猟団内で取り決めるユーザルールです。
これがない猟団や、きっちり制定している猟団、100魂から500魂であったりと猟団で
さまざまかと思います。
ですがこれ、本当にユーザルールなんですよ。
良くも悪くも。

ユーザルールですので単なる『取り決め』レベルなんです。
当然システム、仕様的な強制力はありません。
ノルマ制定も本当に猟団ごとにそれぞれかと思います。
事前説明があれば免除、一時的な除名など。
除名まで行くと、流石にギスギスする例もあるそうで。
この『ノルマ制定』から『罰則の規程』『罰則の実施』。
これも本来はユーザが担う部分ではないと思います。
ちなみに言えば、ノルマ未満で除名しても残り参加者の分配値が増えるわけでもなく、

除名された方もポイントを手に入れられないという全体として不利益しかありません。

これが『猟団の絆』だというなら正直糞食らえです。


ここまで書くと・・・ユーザの『良心』どころか、ユーザ任せっきりで
面倒ごとをすっぱり押し付けているようにしか見えません。

フォワード、大いに結構。
古龍の章、大いに結構。
でも、もっと先に手を入れるべきものがあるんじゃないですか?
あくまで僕の個人的な意見、主張ですが。

褒美と眠りと

やっと本格的に暖かくなってきたと思ったら今度は
花粉症にやられはじめたへたれガンサーです
こんばんわ。
本州の方では既に花粉症は終わっているかもしれませんが、
僕の住んでいる地域だと、5月頃に来る白樺花粉がひどくなります。
最近は割と症状が軽くなってきてますが晴れていて風が強い日は
やはりきついです・・・

さて、昨日までの入魂祭も終わり、今日から褒美祭ですね。

59d116dc.jpg

結果から言えば、今回は紅組の勝利となりました。

やはり昨日の夜シクレは大きかったですよね・・・
あのタイミングの99魂シクレは大きかったと思います。
もっとも、個人入魂値2000も言ってない僕が言える資格はないのですけども。


韋駄天の結果も、191位とまぁ当然と言えば当然の結果に終わりました。

いつもどおりの結果で200位以内に入ってればいいか、くらいが目標だったので

これはこれで。

ただいつも観てるニコ生主さんは当然のように50位以内に居たりするので
やっぱりもうちょっとうまくなりたいなーと思ったりもします。

今日は配信が始まった衝撃クエストの『特異ヒプ繁殖期』に行って来ました。
今回のは上位配信だけしかないのでどうしようかと思ったのですが、
ダンディズムで嵐の型属性砲撃がやりたかったのでまたラスタと
ペアで行って来ました。
いつもなら特異固体のモーションやら色あいやらをレポートする
ところなのですが・・・ぶっちゃけわからなかったです。

いえ、ヒプって『原種』『繁殖期』『希少種』って

固体自体が多いじゃないですか。

あ、そういえば『キショウシュ』なんてのもありましたね


その上、原種ヒプの特異固体のモーションもそんな覚えてなくて

どれが特異ヒプでもあったモーションなのか判断出来なくて。
一応HCガンス素材がらみで特異ヒプにも通ったんですけどね・・・

そういえば追加モーションで、食らうと確実に気絶するガスがありました。

こんな感じ。

ヒプの足元でラスタが気絶しているのがわかりますでしょうか?


cd5740fc.jpg


ジャンプ→着地でガス噴射 を3ステップ繰り返すモーションでしたね。
食らうと気絶してしまうのがつらいですね・・・

c582be19.jpg


それでもやっぱり属性連撃がよく効いたのか、ラスタとペアで
早いときには3ラスタまでいけました。
普通のPT戦だと使いどころが難しいだけにこういうときこそはと
キャッキャしてました。
おかげで1個生成できる分を、ラスタとペアまわしで集めきるという
なんだかとても寂しい結果となりました。
いえ、楽しいですよ?

雷属性だと見た目も綺麗ですしね。

bc3f4634.jpg


そんなわけで特異ヒプ繁殖期。

眠剣珠Gも結構ほしいので今回も頑張ってみようかと思います。


about
ギャラリー
  • 歯と爪と
  • 歯と爪と
  • 歯と爪と
  • 歯と爪と
  • 歯と爪と
  • 爪と去と
  • 爪と去と
  • 先と下と
  • 先と下と
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ