気の抜けた狩猟日記

タイトルどおり、適当なタイミングで適当で気の抜けたような戯言だらけのブログです。
MHFメイン・・というかそれしかありません。
お気軽にコメントいただけると励みになります。

思い入れと思い出

皆さんは『思い入れ』のある武器、防具は御座いますでしょうか?

ガンス好きを明言してやまない僕ですので、PSと分不相応な剛ガンスから

SPガンスまでいくつかガンスを所持しています。

どれも優劣無く好きな武器なのですが、その中からあえて挙げろと言われれば

僕は、『三十二式機械槍改』と『スカーレットクィーン』を挙げます。

2丁ある時点で既に絞りきれてませんがこの2丁には共通点があります。

それはHR100になる前に作ったという点です。

勿論、どちらも最終強化にはHR100以上の素材が必要なので厳密には違うのですが・・・

まず『三十二式機械槍改』。

b84f2107.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このガンスの存在を知ったのは当時まだ猟団がにぎわっていた頃でした。

当時まだガンスに興味が無かった頃、ある猟団員が持っていたのをみたのがきっかけでした。

当時はまだ十六式までしか実装されていませんでしたが、この時点で一目ぼれしました。

この十六式、実は少々作成方法が特殊でした。

生成の元になる『ショットガンランス』はランス『ガトリングランス改』からの派生で、

その際にギルドコインが必要でした。

今でこそ、『笛クシャ』や『片手テオ』に加え、『闘技ディア』である程度入手が出来る

ギルドコインですが、大体3年前くらいまでは入手方法が『闘技ディア』のみ、

かつ入手率が凄い低いというギルドコインを2つ使うという結構しんどい仕様でした。

その生成方法に漂う玄人臭と見た目。

そして厨房くさい漢数字形式を思わせる名前。

その3つにもうがっちりと心を掴まれてしまいました。

えぇ、今思えば単純なものです。

ちなみにですが、ギルドコインの他にも『翠水竜の上ビレ』とかも使います。

最終強化はHR100以上の素材を使って、三十二式機械槍改となります。

勿論、見た目だけでなく苦労に見合うだけの性能も兼ね備えた一品で、

今でこそ、深海銃槍【乙姫】やSPⅦガンスがありますが、一昔前までは

剛ガンス以外での数少ない砲撃Lv5ガンスです。

流石に剛ガンスに押され、トップの座を譲ってしまいましたが、

その性能は今でも引けを取りません。

 

そしてもう1丁の『スカーレットクィーン』

4f72da81.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目どおり真っ赤で派手なデザインなガンスです。

こちらはもう一目ぼれでした。

上記の三十二式改からじわりじわりとガンスが好きになり

いろんなガンス生成に手を出し始めた頃。

割と簡単に作れるフレイムガンランスからの派生先画像を見て

速攻で作成を決めました。

このガンスの生成元になる『紅蓮銃槍』には『黒龍の魔眼』を使います

まだHR100以上解禁直後でルーツが登場して間も無い頃。

あとさき考えない素材投入は当時の団員を驚かせました。

ちなみに、このスカーレットクィーン。

攻撃力:483、砲撃Lv2と結構控えめな性能な反面、火属性:560

火属性が弱点の相手であればテオブラストに匹敵します。

(トータルバランスは当然テオブラですが・・)

さらに麻痺蓄積:240と割と無視できない性能を持っています。

 

どちらも、まだHR100解禁されたくらいの時期で、防具性能も、

武器性能も今と比べれば1~2段階低いような時期でした。

そういう時期だったからこそということもありますが、

どちらも出来た時は本当にうれしかったのを覚えています。

 

どちらも、最近SRガンスが300代になり、また活躍の場が出てきました。

またしばらくこの2丁にお世話になりそうです。

特異と個性

HCや連続配信で既に結構な特異固体が実装されましたね。

一部はHCクエスト限定のものもありますが、単に特異固体として公開されたものも

原種と比べてその外見やモーションに違いが有り、今までのモンスターに慣れていた身としては

いい刺激になっているのではないでしょうか。

そんな特異固体ですが、部位破壊にも『個性』がある事にお気づきでしょうか?

今日はそのお話です。

 

全ての特異固体がそうというわけではないのですが、一部の特異固体は

部位破壊が成功した時、原種とは違った『壊れ方』をします。

そのいくつかをご紹介します。

まずは先日配信されたモノブロスから。

<原種>

5bc4435b.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

<特異固体>

a851891a.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モノブロスの部位破壊と言えば角ですが、見てお分かりのように

根元からぼっきりといきます。

根元すら残らないので、なんとなく違和感がありますね。

 

続きまして、HC限定になってしまいますがディアブロス。

<原種>

53c41c75.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<特異固体>

dbb7e1ff.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディアの場合も、モノと同じように角の折れ方に違いが出ます。

原種、特異固体共に途中から折れるのは同じですが、

特異固体の方が折れた時の左右の長さが違います。

(特異固体の向かって右側の角が長く、左側が短いという折れ方になります)

原種と違って、折れ方がいびつなので、かえってその不自然さが

折れた時の衝撃を想像してしまいますね。

 

最後にこちらもHC限定ですが、ダイミョウザザミ。

<原種>

e209d9cc.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<特異固体>

5fbfd6b3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイミョウザザミの部位破壊と言えば殻破壊ですが、

原種の場合、正面からみても大してわかりません。

せいぜい殻についてる角が折れてる程度でしょうか?

対して特異固体の場合は殻がばっくりと破損しているのが

お分かりいただけるでしょうか?

原種と比べてダメージが想像出来てしまう壊れ方ですね。

このように全ての特異固体ではありませんが、壊れ方に特徴がある固体もいます。

 

HC素材集めとなると、部位破壊報酬は無関係なのでどうしても

討伐する事を有線にしがちですが、余裕があれば部位破壊をして見て

原種との違いを探して見るのも面白いかもしれませんね。

毒と硬さと根性と

MHFの世界には多くのモンスターがいます。

誰もその中で得意な相手、苦手な相手があると思います。

武器との相性が良くない、どうしても回避できない攻撃があるなど。

中には生理的に受け付けないなど理由はさまざまでしょう。

かくいう僕も数種類からなる『苦手モンスターリスト』があります。

中でもトップに近い位置に『イャンガルルガ』が君臨しております

そのガルルガさん、今週 特異固体が来たようで。

今日はその特異なガルルガさんのお話。

 

実はこの特異ガルルガ。

配信された水曜に2度ほど行ってました。

それがなぜ3日も過ぎたいまさらかというと・・・

家具屋ゲリョがあったからでもあるのですが

SR有りラスタペアで行って3乙かましました。

えぇ、HR51~クエをなめてました。

そのあと、野良PTで討伐したんですが、それでなんとなく食指が沸かなくなってしまって。

ついさっき、SR解除してやっとラスタとペアで狩れたというなんとも情けない状況でした。

 

ともあれ、まず見かけですが・・・

61c55483.jpg

両方の耳がばっちりあります。

MHFのガルルガは片耳だけだから他シリーズから借りてきたのかしら?

あと背中の棘がさらに長くなっていました。

ちょうどラスタが眠らせたので後ろからはこんな感じ。

60e38705.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとは特異固体お決まりの『超高級耳栓』じゃないと防げない咆哮になっていたりしてました

こいつの場合、既存モーションに変更が入っているパタンと、

まったくの新規モーションの2種がありまして・・・

既存モーションからの変更というと・・・

・サマーソルト時に毒ガス噴射

・翼を広げて威嚇するように走ってくる時の咆哮が超高級耳栓じゃないと防げない。

 (エリマキトカゲっぽいあれです)

と言った具合。

82186b93.jpg

 

 

 

 

 

 

 

毒サマーソルトの例。結構広範囲です。

 

新規モーションとしては・・・

・体を大きく左右に3回揺らしながらくちばしで打ち上げ

・その場で地面にブレス叩きつけ×回転しながら3方向(大体120度くらい?)

・咆哮しながら飛び上がり→滞空状態で地面にブレス叩きつけ×3回(ある程度ホーミング有り)

特に3つ目の新規モーションはVer10のプレビュー動画でモーションが

ちらっと映っていたような気がします。(間違ってたらゴメンナサイ)

 

こんな感じで変更が入ってたわけですが、一番厳しかったのが

咆哮が耳をふさいじゃうことでしょうか?

僕のガンス運用自体が、咆哮をガードする事を想定していなく、

ガードし損ねて動けない状態で攻撃をくらう、というパタンが

結構あって切れ味回復させるのも一苦労でした。

19e46a2c.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで苦労しながら何とか討伐。

06d3c629.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倒した場所が悪くて見づらいですが・・・

尻尾と耳含めて、背中以外は何とか部位破壊に成功しました。

結局22分くらいかかりましたが、0乙で討伐できました。

 

件の『虎爪原珠』は1個しかでませんでしたが、

音無珠に必要になる『黒狼鳥の耳』が出たのでそれなりによかったです。

後で調べてみたら、根性珠Gに『虎爪原珠』が15個いる模様。

やはりPT戦で変種の方に行った方が集まりがよさそうです。

それはそれで手痛いダメージをくらいそうでコワイですが・・・

僕自身、今の所は根性珠Gに用事はないのであまり進んで行く事がないように思います。

 

と、ここまで書いてふと気になったのですが・・・

HCガンス3つのうち2つが鳥素材系なので、

もしかして強化素材に絡んでくるんじゃ無いか?

と。

 

ありえなくない話なだけに怖いなぁ・・・

ともあれ。

原種に負けじと劣らない、手痛くて硬い特異ガルルガでした。

27b27849.jpg

about
ギャラリー
  • 尽と構と
  • 尽と構と
  • 尽と構と
  • 盤と傷と
  • 盤と傷と
  • 盤と傷と
  • 盤と傷と
  • 盤と傷と
  • 常と丘と
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ