気の抜けた狩猟日記

タイトルどおり、適当なタイミングで適当で気の抜けたような戯言だらけのブログです。
MHFメイン・・というかそれしかありません。
お気軽にコメントいただけると励みになります。

具と種と

少しだけ時間に余裕があったのでのんびりと素材集めに
勤しむへたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・
相変わらず帰宅は遅いものの。
それでも数日に1回のペースで早めに挙がれる日が
作れるようになってきまして。

メンテ日、ということで今日からのイベントを確認しながら・・・
mhf_20171108_221049_185
まずはMHF-Z 1周年記念ということで、希少素材がいただける
200辿異クエストから。
こちら、最近はすっかりご無沙汰だった辿異フルフル。
防具的には「耳栓強化」という点においていまだ頼りっきりでは
あったものの、最終強化まで終わっていないのでついでに素材集め。

あとは先週登場から少しばかり足が遠のいた遷悠種アマツ。
HRアマツ
こちらの武具生産イベントが今月22日まで。
期間的な余裕はあるものの・・・ある程度の数達成を目論むと
中々の手間ということでまずはHR帯の素材集め。
武器だけでもぼちぼち生産中
併せて生産できるものはガンガン生産まで着手しております。
こちら、ランス+ガンスのように2種生産で1つのイベント達成に
なっているようなのでなかなか大変。

あとはいつもの・・
優先フルフル亜種
綬、勲集めでございます。
優先依頼的に今日は割と「はずれ日」ではあるものの・・・
最低限の数だけ、ということで眠らせたり毒らせたりしながら
ぼちぼち数をこなし。

そんな具合で遊んでいたら就寝時間となりました。
そういえば今週は入魂週なんでしたっけ・・・
週末いろいろ片づけるとして・・・今日はここまで!

人気ブログランキングへ

クリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。


祖と素と

今週も凝りもせず駆け込み気味に消化するへたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・
定例イベントの初期化、入れ替わりということで
最近メンテ前日の火曜日は駆け込みが多い状況にありまして。

先週あれだけ痛い目を見たというのに・・・
慌ててルーツ消化
狩煉道ルーツ消化でございます。
先週とは違い、すでに2回終わっている状況とはいえ・・・
存外激しいエフェクトが仕事で疲れた目を酷使することは必須。
この辺、いい加減週末の2連休でしっかり終わらせないとならないと
毎回思うのですが・・・
どうしても目先の作業ばっかりになりがちなんですよね~

とりあえずは・・・
素材交換
今週も何とかギリギリですがしっかりと素材交換完了。
そろそろ素材もたまってきたし・・・使い道を考えたいところですね~

あとはぼちぼちと・・・
勲集め
前回紹介したローゼンツンを担ぎながらの勲集めなんぞをやりながら
就寝時間となりました。
なんか気づくとほとんどアマツ素材集めが進んでない気がしますが・・・
眠いので今日はここまで!


人気ブログランキングへ
クリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。

毒と棘と

またもさっくりと季節をいくつか飛び越す勢いで
放置になった事実に少しばかり驚愕の極にある
へたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・
ここ数回、割と同じような書き出しから始まる数少ないイベント記事。
ボキャブラリーなり、企画力なりに乏しいヘタレにとって
唯一、記事らしい記事がかけそう、ということで廃れること
無きように毎回大切に!と思ってはいるものの・・・
今回も前回3月から夏を飛び越して秋の本日更新となりました。

いえね、ちょこっとだけ愚痴りますと・・・
初めて見たものの、存外”紹介文章”というのは難しいな、と
毎回痛感しております。
それだけ普段から性能意識なしでガンスを振り回しているという
証明ですね、無能ですね。

さてはて。
反省文だけで面積を使うのは本懐ではないのでそろそろ本題に。

上記で触れた通り、今年も11月を迎えまして。
11月、といえば・・・昨年の今頃、まさにMHF-GがMHF-Zへと
大きく進化を遂げまして。
これに伴いいくつか新しい要素が導入されたのは言わずもがな。

そんな話から始まる、今回のガンランス紹介はこちら。

『独断と偏見(と、趣味趣向)のガンランス紹介』

第14回目を数える今回、ご紹介するのはこちら。
『棘牙銃槍ローゼンツン』
棘牙銃槍ローゼンツン_正面

棘牙銃槍ローゼンツン_納刀状態

MHF-Zの目玉の一つ、「辿異種」。
そしてそれに伴い登場した辿異装備。
4種の辿異種に合わせてガンスではヒプノックのガンランスと
併せて登場したのがこちらの「ローゼンツン」でございます。

性能面は安定の辿異武器。
最終強化で拡散型の砲撃Lv9と非常にぼかんぼかんなガンス。
攻撃力も切れ味も申し分なく。
のちに登場する辿異ガンスの先陣として、同期の「フェザーマジック」と
併せて華々しいデビューを飾りました。

今回こちらを取り上げた理由ですが・・・
ぶっちゃけた話、ひとめぼれでございます。
棘牙銃槍ローゼンツン_正面
どうですか、この・・・まるで
「遠近感が狂ったかと錯覚するくらいの
 あたまでっかち」

なデザイン!
この後続く辿異ガンスもそうですが・・・
デザインが一新されるついでとばかりにアピールがすごくなる傾向にあり。
いえ、辿異種の特徴「発達部位」を象徴しているということでしょう。

しかも拡散型で2発しか装填できないのにそれをドン無視した4つの銃口。
もうどこが銃身でどこが刀身かさっぱりでございます。

エスピナスを意識した毒々しい紫と棘。
振り回しても抜刀ダッシュしてもブーストしても決して視界から外れる
ことのない四角く図太い銃身。
辿異種のごとく、「いままでとは一線を画す」デザインではないでしょうか。

ただいくつか悲しい点を挙げると・・・
申し分のない性能ではあるものの、その特徴である「辿異武器効果」が
「劇毒強化」とちょっと使いどころがなかったという部分。

辿異種として先に登場した4体。
そのうちダイミョウザザミを除く3体は「麻痺」「睡眠」「毒」と
状態異常のオンパレード。
いままで全くつけていなかった「状態異常無効【多種】」の発動は
必須とばかりに対応に追われ、状態異常を狙うという発想が
なかなかできませんでした。
というか、1年たった今でも効果を発揮するシーンがありません。
なんとも中々に悲しいお話。

ただですね・・・
毒属性800は伊達ではなく。
辿異種戦はもちろんのこと、綬集め、勲集めに担ぐとすごい勢いで
毒状態に持って行ってくれて非常に楽しく。
一般的なガンスにある「丸くとがったデザイン」とは完全に違う、
一体どこが当たっているんだろう?と疑問すら浮かぶ存在感たっぷりな
デザインでサクサク言いながら毒をぽんぽん付与していく感覚は、
使っていて非常に癖になります。

難点を挙げるとすればどの辿異武器にもあることですが・・・
最終強化までの道のりでしょうか。
200辿異から800辿異までの発達部位素材をひとしきり要求され、
その上で割と希少価値の高い素材を30個くらいの単位で要求されるもんで
連戦は必須でございます。

残念ながらこの1年で登場した辿異ガンスを並べてみたときに
果たして優先的に作るべき性能かは少し難しい判断。
正直・・・
 「纏雷強化」の発動するフロストテューレ。
 「風圧強化」の発動するニリィガーロンド。
 「スキル枠拡張」の発動するテラルベルンチャ。
と、”持っておきたい辿異ガンス”はいくつもあり。
そういう意味で、辿異種に挑み始めたまだ余裕のない状況下で
最初に作るべきかは自分としても難しく感じます。

ただそれでも。
余裕ができてからでも、文字通り「棘の道」でも。
決して作って後悔するような性能出ないことだけは確か。
間違いのない辿異ガンスの性能、その1本として手にしてみてはいかがでしょうか。

人気ブログランキングへ

クリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。

about
ギャラリー
  • 成と労と
  • 成と労と
  • 成と労と
  • 成と労と
  • 際と時と
  • 際と時と
  • 際と時と
  • 際と時と
  • 際と時と
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ