気の抜けた狩猟日記

タイトルどおり、適当なタイミングで適当で気の抜けたような戯言だらけのブログです。
MHFメイン・・というかそれしかありません。
お気軽にコメントいただけると励みになります。

最と挨拶と(最終更新)

ついにこの日を迎えたという事実に気持ちの整理が
追い付かないへたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・
本日2019年12月18日。
モンスターハンターフロンティアオンラインZZの
サービス終了日を迎えまして。

終了予定時刻も21時と当初から広報されていた通り、
つい2時間ほど前に終了を迎えました。

当初はせっかくの最終日ということで有休休暇のひとつでも、
と思いましたがその都合もつかず、2時間半前の18時半頃からログイン。
その時点でブレイブなどの主要なワールドは久々の満員状態でした。

昨日までは時間いっぱいまで狩りつくすつもりで最後は
何を狩ろうか?など色々考えていましたが・・・
その場になってみると中々そういう気持ちにもなれず。
狩り

爪…
公式の配信を見ながら最初の1時間はぶらぶらと狩りに出かけ
部位破壊に失敗したり、3乙かましたりと最後まで締まらないまま。

1時間を切ったあたりから、自分の中での記念撮影ということで
4種
ギャラリーで最後のSS撮影をしたり・・・
パートナー
ずっとお世話になりっぱなしのNPCと戯れたり。

パートナー実装以降、ずっと一緒だったこちらさん。
個人的な趣味も相まって、季節感まったくなく年中水着装備という
中々に酷なことをしたにも関わらず素材持ち帰りで随分助けられました。

それ以外にもガンランス関連ということで先日のイベント含めて
たくさんの方と出会い、ブログ内でもコメントを頂き、
まさに”オンライン”を実感する出来事をこのゲームと一緒に
過ごさせてもらいました。

12年前といえば。
下火、とはいいがたいもののやっとコンシューマ機でもオンラインが
出始めてネットゲームがPCからもっと一般的になり出した頃。
職業柄、PCに触れることばかりだったにもかかわらず、
まだ”ネットゲーム=廃人”という、今思えば不可解な価値観の中
生活環境の変化に伴い手を出したMHF。

元々別メーカのネットゲームを少しだけやっていたものの、
まだ上述の価値観がぬぐえず、ちょっとセーブしながらのプレイが
「廃人」とはならなかったものの、「生活の一部」というくらいまで
ぴったりとはまり込んでしまいました。

この一端を担ったのがまさに「ガンランス」という武器であったと
いま改めて実感する次第でございます。

「突く」「切る」「撃つ」「防ぐ」。
現実世界には確実に存在しない、類似する思想もない架空の武器であり、
竜撃砲という「一撃必殺要素」など、外連味の大好きな心を
がっつりとつかんだまま、気が付けば12年のうちの大半を
一緒に過ごす武器となりました。

数日前の記事にも書いた通り、ガンランスを選ばなかったら
恐らくは本ブログも書くことも、サービス終了まで続けることも
怪しかったかもしれません。

ifの話ではあるものの、割としっくりと「多分そうだろうな」と思う次第。

MHFきっかけでゲームPCに手を出し、ツイッターに手を出し。
そしてブログを書きはじめ、気が付けば9年目。
ハタから見れば”たかがゲーム”でしょうが、少なくとも私の中では
生活の一部、ライフワークというレベルのものでした。

さて。
当初の予定通り、今日のこの記事を最後に当ブログの更新は
終了となります。
9年前、ガンス関連の動画を見て、生放送配信を見て。

先人の方々に倣いブログを始め。
以前にも触れた通り、「へたくそガンサーのブログ」を続け。
994100b5
やっとひとしきりのガンス装備が出来たころに始め、
まだHC素材に四苦八苦していたへたれガンサーが、
最終装備
色々学び、一喜一憂し、紆余曲折してHCどころか辿異種も
ぼっちPTで狩れるくらいまで続けることが出来ました。

そんな記事を見て、だれか一人でも一笑に付して頂ければ
続けてきた甲斐があるというもの。

”また”はもう来ない、そんな奇跡はないと思いながら迎えた12月18日。

正直、気持ちの整理はまだついておりませんが・・・
その辺は時間薬というやつが何とかしてくれることでしょう。

それでは・・・
いつかがあるか否か。
長い人生でゼロでもイチでもございませんが・・・

12年間、サービスを提供し続けてくれた運営様。
ガンランスというものも含めて、最高の遊び場でした。

そしてガンランス関連でイベントや配信。
ブログ相互リンクや来場して頂いた方々にコメントで応援頂いた方。

12年間ありがとうございました。

           2019年12月18日 しゃち
広場

限と語と

時間が目に見えて限られてから色々語ろうと思おうにも
12年は流石にそう簡単にはいかない
こんばんわ。

えー・・・
MHFがMHFフォワードになり、
更にGになり、そして最後にMHF-Zとなり。
12年の年月というのは大きな変化を何度か起こっても
不思議じゃないくらいの長い期間。

色々あったなぁ、と思いながら・・・
800辿異ザザミ
前回に続いて気が向くままに辿異種でございます。
今日は辿異種の中でも初期に登場した類に出かけてみることに。

まずは800辿異ダイミョウザザミ。
800辿異ザザミ2
・・・一番最初に取り上げたものの、最初期に出てきた
辿異種4種の中では当初はあまり用事がなかった相手。

さらに言えば・・・
辿異種通しても非常に苦戦させられた相手でした。
祭りガンスでこいつの素材を要求されてから軽い気持ちで
手を出してみたものの、最初はひどい結果。

しかも殻破壊要求まで重なって、付け焼刃で辿異防具を
作ったのもいまはナツカシイ。
爪…
しかも前回取り上げた「発達部位が2部位」を最初に展開した
相手でもございます。
慣れてみれば少しは楽しくなる・・
うん、最後までいい思い出はないなぁ~

続いてこちら。
800辿異ヒプ

MHFオリジナルの中で、恐らく一番最初にハンターが
触れるであろう鳥竜種 ヒプノックでございます。
下位から触れられるこちらですが・・・
しっかり辿異種にもなり、初期メンバ入り。

相変わらずの「糞鳥」っぷりをいかんなく発揮してくれた上に
同時期登場と合わせて辿異種特有の「状態異常」で苦しめてくれました。
しかもクチバシがまた硬いんですよね~
ぼっちPTで600辿異くらいから壊せなくて野良PTのお世話に。
因みに辿異武器じゃないと発達部位破壊が厳しい、ということで
とりあえず作ったヒプガンスが一番最初の辿異ガンスでした。

種としてのヒプノックは原種、希少種に加えて、MHFの中でも唯一
「繁殖期」という独自種が出てくるほどなじみ深い相手でございます。
個人的にはガンスのディレイ回避の練習で通い詰めた相手。
お世話になった感謝を思いつつ次へ。

800辿異エスピ
同じくMHFオリジナルモンスターとしてはシーズン2より登場した
エスピナス。
辿異種になり豪快に張り出した角が特徴的な相手になりました。
上述のヒプと同じように状態異常対策を否応なく装備作りに
奔走する羽目に。
辿異ガンスとしては最初にひとめぼれした一本でした。
そういうこともあって、こいつも通い詰めたなぁ・・・

800辿異フルフル

最後の1種は800辿異フルフル。
辿異ガンス的にはあまり用事はなかったものの、防具的な面で
すごく用事が多かったこちら。

耐麻痺強化つけて挑んでも吞みこまれて即乙という恐怖の相手でした。
というか基本挙動がもっさりしているくせに即死攻撃の時だけ
急にぐわんと動いてくれるもんで反応できずに乙を持っていかれることもしばしば。

部位破壊で言えばこいつにも苦しめられて・・・
脚ばかり壊れる割に胴体と翼は中々壊せないという嫌な思い出ばかり。
ただ確かこいつの防具で耳栓強化が付くんですよね~
最初期の辿異種は装備揃えるために結構通い詰めたなぁ・・・


久しぶりで部位破壊もまともにできてませんが一巡したあたりで
本日の就寝時間になりました。

明日が本当に最終日。
良くも悪くも明日が最後。
来るべき日に備えて・・・今日はここまで!

人気ブログランキングへ

クリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。

浸と感と

残り2日で思い出に浸りながら狩りに勤しむ
へたれガンサーです。
こんばんわ。

えー・・・
来るべき日を感じながら週が明け、残りも2日と
少しとなりました。
最後にガンスイベントに参加できたし、言いたいことも
前回更新ですべて言い切った気がするし。

そういったわけで今日はゆっくりと辿異種巡り。
あまり早くに帰宅できなかった都合もあって、2時間弱を
せっかく作った最終装備でやりやすいように状態異常系のない
相手をチョイスしながら。
800辿異ティガ

まずは久々の800辿異ティガ。
辿異ティガは当初ガンスがなかった上に装備もあまり用事がなく。
しかも止血玉必須で中々に苦戦した記憶だけがしっかりと
残っている感じですね・・・
ただそのあとに祭り辿異ガンスが来て、一気に通い詰めたなぁ・・・
ティガに限らず、発達部位が2か所になる相手は結構ぼっちだと
つらかった記憶も。
討伐
ただ壊せたときの達成感も2倍ということもあったんですけどね。

800辿異レウス
続いて800辿異レウス。
・・・うん、さっそくSS撮り損ねてる感がひどいですねw
登場自体は割と初期なこちらはガンスありということで必死に
通い詰めたなぁ~
ただ上述の「発達部位が2か所」の代表格でもあったんですよね・・・
しかも打点の高い「翼」ということで結構攻略に時間を使った覚えがあります。

攻略とは少し違いますが・・・
炎を纏うという見た目の都合もあって、実はガンスSSでは非常に
見栄えが良い相手w
確かツイッターに上げたガンス画像にも何度か登場したはずです。
辿異ガンス、という面ではこちらのガンスが初の属性ガンスだったように
記憶しております。

800辿異バル
続いて800辿異バルラガル。
バルは・・・正直、G級&剛種で登場した当初から苦手な相手。
見た目が苦手で今でもあまり得意な相手ではなく。
G級、剛種はともあれ・・・
辿異種においては意外にぼっちでも狩れた相手。
この辺から理不尽さがちょっと抜けた辿異種が増えてきた
気がしますね~

800辿異ギア
そして800辿異ギアオルグ。
ガンスあり、という面でいえばこちらも通い詰めたひとつ。
鉤爪状の尻尾を模したがごとく豪快なデザインの
「フロストテューレ」はもうひとめぼれの勢いでがっつり
ハートをつかまれた一本でしたね~

ただ今日改めて狩ってみて思ったのがやっぱり獣竜種は
苦手・・というか嫌いなレベルですねw

800辿異どら
最後に800辿異ドラですが・・・
こいつもまた即死攻撃がエグイということだけを実感して
途中リタして本日の就寝時間となりました。

辿異ドラもがっつり通い詰めた相手だったはずなんですが・・・
攻略方法をすっかり失念してしまい。
思い出すくらいならさっくりと後回しにすることに。

こうやってみると一番最後に登場したはずの辿異種ですら
20種を超えるんですね・・・
中々、感慨深いもんです。

人気ブログランキングへ

クリックいただけるとへたれガンサーが喜びます。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ